祖母からプレゼントしてもらったローヤルゼリー

おばあちゃんからもらったロイヤルゼリー

私が、中学三年生の時に高校受験のプレッシャーからストレスかで眩暈がしたり身体がだるくなったりすることがしょっちゅうありました。心身的なものなので、病院へいっても処方箋はでませんでした。
おばあちゃんの知り合いの方(以下Aさん)の娘さんが、仕事が忙しくて疲れがたまっていていつも会社から自宅に帰ってくると顔色が悪くて、気分が悪そうだなとAさんは思って心配する毎日だったそうです。
Aさんは知り合いの方から「ロイヤルゼリー」という疲れがたまったり、身体がだるくて重たいとき等など、身体が不調な時に飲むという「栄養剤」があると知りました。

 

値段は約15000円ぐらいだったと思います(20年前の記憶から)。Aさんは、娘が元気になるのであればと、すぐに購入したというのです。
それから、毎日三粒ほど飲ませて会社へ送り出しました。すぐに効果は出ませんでしたが、身体の調子が良いと実感したんです。

 

しかし、突然調子が良かったAさんの娘さんは、職場で倒れて入院しました。医師からは「白血病」だと診断され、Aさんは、ショックで泣き崩れました。
医師が「ここまで生きてこれたのは奇跡だ」と驚いたんです。Aさんは、医師に「ロイヤルゼリー」を毎日飲ませていたと報告しました。
「だったら、ロイヤルゼリーのおかげかもしれません」と言うのです!
ロイヤルゼリーを飲んでなかったら、死んでいたかもしれないという意味でしょう。そんなに素晴らしいものなら他の人にも伝えたいと思い始め、娘の話とロイヤルゼリーとの関係を知人に話しました。そうしたら、「是非購入したい」という人が溢れたらしいです。
おばあちゃんは、Aさんに私の話をしました。原因不明でどうすれば体調がよくなるのか分からないと。そういう経緯で、私の元に「ロイヤルゼリー」がやってきました。
毎日一粒飲んでいたと思います。そうしたら、身体のだるさが解消され、眩暈の方も徐々になくなり、学校で急に倒れたりすることはなくなりました。

 

Aさんの知り合いの方が知っている「魔法のロイヤルゼリー」
Aさんの娘さんと私を救った「ロイヤルゼリー」

 

どこかの化粧品メーカーが作ったのだという事しか知らないのです。シルバーの瓶に入っていた事は覚えていますが、今も売っているのかどうかは定かではありません。

 

ローヤルゼリーの選び方

ローヤルゼリーを選ぶときは原産地、デセン酸の含有量や原材料に注意して選びます。

 

一番安心なのが国産のローヤルゼリーになります。ローヤルゼリーは日本では生産できる数が限られているため、海外からの輸入がほとんどです。特に多いのが中国産や台湾産、タイ産のものが多くなっています。輸入してしまうと鮮度が落ちてしまうので、選ぶときは鮮度や品質を調べてから選ぶと良いです。

 

ローヤルゼリーはデセン酸という成分が含まれており、この成分が多いほど品質が高いです。生のローヤルゼリーの場合1.60%以上含まれている必要があります。乾燥したものであれば3.85%以上で調整されたものであれば0.21%含まれている必要があります。価格が高ければたくさん含まれているというわけではないので、選ぶときはこの点も含めて選ぶと良いです。

 

生のローヤルゼリーは鮮度が良くないといけないので、品質管理が徹底しているメーカーを選ぶことをおすすめします。調整ローヤルゼリーは添加物が含まれています。添加物がどのようなものなのか記されていないときは選ぶのを控えたほうが良いです。

 

ローヤルゼリーはミツバチが作っているものだから、カロリーが高いと思いがちです。ですが糖分がほとんど入っていなくカロリーを気にする必要がありません。ですが、ドリンクタイプのローヤルゼリーや調整されているものは味付けのために糖質が入っている場合があります。カロリーが気になる方は生のローヤルゼリーを摂ることをおすすめします。カプセル状のローヤルゼリーもあるのでこちらもおすすめです。

 

またローヤルゼリー口コミランキングを参考にすると今どの商品が口コミで人気なのかすぐにわかるので、一番参考になるかもしれませんね。

 

ローヤルゼリーには様々なメーカーや種類があるので初めて使うときは、どのように効果を発揮するのか調べておくのも良いと思います。より良く効果を発揮したい場合は品質の高いローヤルゼリーを選ぶことをおすすめします。